忍者ブログ
だってチラシの裏だもの。
<< 03  2018/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[934]  [933]  [932]  [919]  [905]  [898]  [889]  [888]  [887]  [878]  [868
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あけましておめでとうございます。

 湯月家の年末年始は家族で健康麻雀が伝統行事です。
 紅白はBGM。
 駅伝はBGM。
 織田裕二のイタリア観光映画もBGM。
 なんだか深刻そうな顔をした日本人がイタリア観光をしているみたいでしたが、こっちは東場から大荒れなんだよ!!

 大晦日と元旦は、湯月はヤバかったです。何を捨てても振り込むというひどい運回りでした。相手の捨て牌をちゃんと見ていないとか予測していないとか何も考えていないとか原因は色々ありますが、開始から数ターンでリーチをかけた相手に対して事故る確率があまりに高かったのも事実。「(湯月が)そんなに振り込むのは珍しいね」とは実母と実妹の言。
 元旦の勝負に至っては-3000点という恐ろしい結果が……。
 ただ、正月3日の勝負は逆にえらい運回りでした。結果で言うと52600点。配牌から一、二度のツモで一盃口が完成する事が二回続いたかと思ったら、その次の局は、配牌中には九種九牌かと恐怖したものの配牌が完了して見れば風牌と三元牌が綺麗に並んでいたり。あとリーチ一発ツモが三回あって、そのうち二回は親だったとか。
 もう大晦日と元旦の大敗は3日の為の布石だったとしか思えない。

 如何に湯月が運だけで麻雀をやっているのかが良く判った。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
secret (管理人しか読むことができません)

Copyright (c)三日月太陽 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]