忍者ブログ
だってチラシの裏だもの。
<< 03  2018/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[858]  [857]  [856]  [855]  [854]  [853]  [852]  [851]  [849]  [848]  [847
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 実は今年度の湯月には今後の人生を左右してしまうかも知れない一大行事が待ち受けています。その名も教育実習と言う名の最重要行事が!!!
 1月に「落としたかも知れない」と嘆いていた試験の単位ですが、無事にギリギリで取れました。確実に先生の情けだと思います。あんなに白い解答用紙でパスするわけがありません。おかげで無事に実習に行けます。4月はその為の手続きを色々していました。終わりました。多分、何も逃していないはず。5月に実習校に実際に行って打ち合わせをして、その後に自分なりに準備して、本番? 実習以外の単位も早目に準備して面接なんかも先にやらせて貰えたらいいなと思ってイル。教職の単位であるから教育実習とぶつかっている分には考慮してくれると思うのだが、どうか。
 湯月のこれからはこんな感じです。


 ちなみに実習は出身中学校に行きます。
 なんかこの日記を中学校の人とか高校の人とかが見ているとか見ていないとか言う噂があるので一応。湯月は「もう見ていない」に一票。
 出身高校は中高一貫なので実習に受け入れて貰えたら中高両方の授業が見られて嬉しい、みたいな感じになると思うのですが、自宅から遠いし、生徒が真面目だし、なんとなく教育実習で戻って来る卒業生が多くて競争率が高いんじゃないかという気がして避けました。実習の御伺にも行っていません(これは、中学校のほうがあっさりOKをくれたおかげでもあるけれど)。

 出身中学校は、何と言うか……湯月が在籍していた頃はあまり良い評判が無くてですね……。当時の同級生に「実習先は中学にした」と言ったら「勇気あんね」と言われました。その同級生(同じく教職履修者)は中学に行くのが嫌なので実習先は高校にしたらしいです。
 湯月も中学校に戻るのは冒険だと思っていましたが、昨年秋に授業見学に行った時の印象はさほど悪くなかったです。全部を見た訳ではないし表面だけでは分からない事もあるでしょうが、少なくとも湯月が中学生の頃の記憶を元に作り上げていた中学校像とは違っていたので、その辺りはあまり心配していません。
 一番心配なのは、湯月に50分間も授業が出来るのかという……。
 しかも1コマだけじゃないんですよ。一日だけでも終わらないんですよ。何と言う大冒険。

 最近は何を読んでいても「これ、授業に使えないかなぁ」とか考えてしまいます。実習経験者には是非ともアドバイスを頂きたいところ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
secret (管理人しか読むことができません)

Copyright (c)三日月太陽 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]