忍者ブログ
だってチラシの裏だもの。
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[662]  [661]  [660]  [659]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651
 うっかりイースター礼拝にも参加させて貰う事になった湯月です。
 毎年の事ながら、聖歌隊は代替わりした瞬間にがらりと雰囲気が変わる。去年の聖歌隊もあまり見る機会はなかったけれど雰囲気が変わったのは分かります。よくよく考えたら、彼等は湯月達が執行部の時に新入生として入って来たのですね。早いなー。
 ほぼどれも初見の楽譜ばかりだったので、ソプラノの隅っこで小さく音取りに従事していました。賛美歌はまぁ大丈夫なのですが、詩編は久し振り過ぎて難しいです。好きだけど難しいです。曲については全く知らなかったので、四年生の横に移動。ほぼ初めて一緒に歌う一年生より、長く一緒に歌ってきた四年生のほうが声質を合わせるとか考えなくていい分、音を取りやすいんです。ちなみにその四年生に対しては「あなたから音を取るから正しい音程で歌って」とか無茶振りしてみたんだ。
 しかし一回の練習だけで本番は不安です。日曜日は早めに部室に行けるかな。


 今日は珍しく平日に大学へ行くので、色々やってきました。
1.電子辞書の修理申込(土日でも出来るけど混むから)
2.卒業後の図書館利用方法について確認
3.成績表の受け取り+卒業証書について確認
4.その他一件

 一時間くらいかかるかなと思っていたら30分程で終わってしまい、練習が始まるよりずっと早い時間に部室周辺を彷徨っていました。割と居場所がありません。某後輩から、またも「(身長が)見る度に小さくなる」と言われました。後輩の中の湯月がどんなイメージなのか気になります。もうブログに書くなと言われたのですが、それがフリだって事はちゃんと理解しています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
secret (管理人しか読むことができません)

Copyright (c)三日月太陽 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]