忍者ブログ
だってチラシの裏だもの。
<< 12  2018/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>
[905]  [898]  [889]  [888]  [887]  [878]  [868]  [866]  [860]  [859]  [858



 知らない内に日舞の名取となっていた聖歌隊の先輩の御披露目に招かれて遠征。なんと人生初浅草。
 御存知の通り、人混みに極端に弱い湯月です。浅草寺?何それ? 浅草観光なんて全く頭になく、仲見世通りは避けて通る。寺は好きですからいつかは行ってみたいですが、週末は勘弁蒙る。スカイツリーも一応は見ました。高い建物に興味ないんでどうでもいいですけど。高所恐怖症だし。

 主目的であるところの日本舞踊ですが、教養の無い湯月には正直よく分かりません。ごめんなさい。幸い、先輩の演目は一般にも有名な題材だったので辛うじてストーリーは理解した(つもり)。まぁ事前に教えても貰えましたしね。
 すごくつまらない感想を敢えて言うとするなら、特定の事に打ち込んで継続できるって凄いなと思いました。あと人徳って大事だなと思った。


 そういう自分の無教養っぷりを再確認した後は、同期が揃って浅草という下町を抜け出し都会っぽい所で韓国料理を食す会。正確には一人だけ同期ではないのですが、湯月は彼女を後輩だと思ってないんで! ほぼ同期の扱いですよ。寧ろ人生に於いては既に先輩。
 あとはアルトだったりテナーだったり、そのへん。
 何の話をしていたかと言うと、他人の幸福は精神的にはマイナスにしかならないので、他人の不幸について。そういう話は湯月も好物だ。
 この会で話を聞いていて思い出しました。最近、湯月の日記に活気の無い理由も分かった気がしました。黒さが足りない。良く考えたら、そもそも開設当初のこのblogは日常生活で溜まりゆくフラストレーションを不特定多数に向けて発信するという形を取った或る種の露出の場であったわけで、要するにもっと心の黒い部分を垂れ流すべきなんじゃないの?
 自分の中の黒さと改めて向き合ってみようと思った。

 この日の収穫はそんな感じ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
secret (管理人しか読むことができません)

Copyright (c)三日月太陽 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]