忍者ブログ
だってチラシの裏だもの。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[772]  [771]  [768]  [767]  [761]  [758]  [755]  [752]  [751]  [750]  [749
電波にしか聞こえなかったのだが。(タイトルの続き)

 1話通して見たのではなく途中の5分程度だけ視聴だったから全体の流れは分からなかったのですが、恐らく与六というのは後の兼続で、まだ5歳だけどうちの息子の共に下さいと何処かの女が頼みに来たシーン。
 まだ年端も行かない我が子を手放したくないんですと母親が断る姿はカッコイイんだ。「わたくしも一人の母でございます」って台詞がカッコ良かったんだ。
 それに対して女が返した説得文句が、
「私の子とそなたの子 与六は、星々の絆で結ばれているように思えるのです。
 ここで場面が切り替わり、与六の父と思しき男が子供に向かってお前は今度からどこどこに奉公に行くのだと誇らしげに語る。

 ええええええええええええええええ。Σ( ̄ロ ̄lll

 「星々の絆」で納得しちゃったのかYO!!!
 それとも「この女電波だからもう何を言っても無理ぽ(´Д`υ)」で諦めちゃったのだろうか。
 ここで我が家の風呂の順番が来てしまい続きを見られなかったので真相(母親の心境)は謎のままだが、上のやりとりは説得力が無いにも程があるよ。星々の絆って何だよ。夢見がちで許されるのは少女時代までだYO!
 一年間、こんな電波ゆんゆんでお送りされるのだとしたらちょっと気になるかも知れない湯月です。そしたらブログタイトルは「今週の大河電波」で感想書くよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
secret (管理人しか読むことができません)

Copyright (c)三日月太陽 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]