忍者ブログ
だってチラシの裏だもの。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[719]  [716]  [713]  [712]  [711]  [709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [701
 世の中には自分の事しか考えられない人が居るけれど、度を超すと自己中心的性格と言うよりは単に頭が悪いんじゃないかと思えてしまう反面教師達を箇条書きで書き出してみた。
 そう言えばこの前、或るパートさんは、
「大人になるってのはね、単に年を取るって事なんだよ」
と言っていた。還暦を経た人の言葉は重みが違う。つまり三つ子の魂百まで、幼少時に獲得した人格はそうそう変えられないらしい。


教師1:別の客のオーダーを聞いている時に横から関係ない事(食事はまだ出来ないのか、ジュースは何味があるのか、灰皿どこ、〇〇は何処で売ってるのetc.)をごちゃごちゃ質問する人。時にはオーダーを割り込ませて、聞いてもいない生ビールだのコーラだの熱燗だの捲し立てる人。確かに貴方は御客様ですが、貴方の隣に居る人も御客様なんです。

教師2:明らかに手の離せない仕事(ビール作り、ソフトクリーム作り)をしている時に「すいません」と何度も声を掛けてくる人。せめてソフトクリーム中は振り向けない事だけでも察して貰えたら有難い。

教師3:
「本日混み合っておりましてお食事の調理に45分ほど頂いておりますが宜しいでしょうか?」
「いいですよ。」
 20分後。
「待ってるんですけど、まだ出来ないんですか。」

教師4:
「本日混み合っておりましてお食事の調理に45分ほど頂いておりますが宜しいでしょうか?」
「いいよ。実際はそんなにかからないでしょ?」
「いえ、私のほうでは保証しかねますが……」
「じゃあこれ(ラーメン)だけ先にちょうだい。」
「……。」



 余談。
 揚げ物を注文しようとした人が「揚げ物(単品)なのにすぐ出ないの?」と言うから「揚げ時間がありますので」と説明したら「冷凍でしょ?」と宣った。凍ったままでも宜しければすぐに出せますが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
secret (管理人しか読むことができません)

Copyright (c)三日月太陽 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]